2010年3月24日水曜日

副幹事長解任撤回

小沢幹事長をはじめ、執行部批判を展開したとして事実上、解任の方向だった生方副幹事長が解任撤回。小沢幹事長との会談で、もう一度一緒にやってくれないかと続投を要請されたとか、生方氏も受け入れたようだか、しこりは残るでしょうね。しかし世論の反応を踏まえての撤回表明だったのだろうが、世論が怒っている批判しているのは、やはり「政治のカネ」の問題だ。確りと国民が納得する説明責任を果たし、この問題をハッキリしないと世論の怒りは収まらないし、支持率も上がる訳がない。与党も話にならんが、野党もまた統率が取れていないというか、ドタバタしていて、野党として全く頼りにならないのが現状です。夏の参院選もどうなる事やら、頼りになる党はないのか、日本を救う救世主は現れないのか、まったく明るい未来の見えない国会にあきれてます。党の事に奮闘するのも結構だか、国民の為に国民の幸せの為に汗水を流していただきたいものだ。国民に選ばれたという重み、自覚をもって本気で、職務に望んでいただき、責務を全うしていただきたいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー